日本古代女性史の研究 - 関口裕子

日本古代女性史の研究 関口裕子

Add: hogygo17 - Date: 2020-12-11 08:56:02 - Views: 7346 - Clicks: 2276

ニホン コダイ ジョセイシ ノ ケンキュウ. 関口裕子【著】. 2: 大きさ、容量等: 326,11p ; 22cm: 注記 著作目録あり 索引あり 注記 ndc(9版)はndc(10版)を自動変換した値で. 日本家族史 : 古代から現代へ フォーマット: 図書 責任表示: 関口裕子ほか著 言語: 日本語 出版情報: 松戸 : 梓出版社, 1989.

日本古代女性史の研究: 関口裕子 著: 塙書房:. 日本古代女性史の研究 - 関口裕子/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 日本古代婚姻史の研究 上・下巻揃 ¥ 9,000 関口裕子 、塙書房 、平成5年 、22㎝ 、2冊. 家族と結婚の歴史 - 関口 裕子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得! Pontaポイント使えます! | 日本古代家族史の研究 下 | 関口裕子 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。博士(文学)。 元清泉女子大学非常勤講師・在野研究者。 年逝去。 著書に『日本古代婚姻史の研究(上・下)』『日本古代家族史の研究(上・下)』など。. 関口裕子著 『日本古代婚姻史の研究』上・下 山 本 一 也 ところがあ・リ、 m以下岬てれについて述べていきたい。 しかしながら、理論と実証の両面で、疑問を感じざるをえない心とした現在の婚姻史の、まさしく到達点を示していると雷える。.

11501/3115763 公開範囲 国立国会図書館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType) Book. 一 歴史学における女性史研究の意義―日本古代史を中心に(関口裕子) 二 女性史という視座―日本中世女性史を中心として(西尾和美) 三 「女の歴史」とはなにか(水江漣子). の一貫した古代史研究への関心は、従来無視されてきた女性の状況て女性史研究者と名乗ることにためらいを感じているからである。私の固有の課題と方法などについて、つきつめて考えごとがなく、従っ (代表的なのはその所有形態)を視野に入れると. 日本古代女性史の研究: 著者: 関口裕子 著: 著者標目: 関口, 裕子,: 出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 塙書房: 出版年月日等:. 日本古代女性史の研究 /塙書房/関口裕子の価格比較、最安値比較。【最安値 9,350円(税込)】(11/23時点 - 商品価格ナビ.

第33回受賞作 関口裕子『日本古代女性史の研究』(年塙書房) 古代史における女性史研究の重要性を、日本の歴史発展の解明における課題と関連づけて鋭く問い続けた、故関口裕子氏の研究を、4名の研究者が次世代の女性史研究の架け橋となることを願っ. 日本古代女性史の研究 - 関口 裕子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 「関口裕子さんの学問と現在」 年12月12日(水) 13:15~14:45 場所 東京女子大学24201教室 登壇者 関口裕子氏女性史刊行会 伊集院 葉子先生 (川村学園女子大学非常勤講師) 黒田 弘子先生(歴史学者) 野村 育世先生. 関口裕子・鈴木国弘・大藤修・吉見周子・鎌田とし子著 『日本家族史― 古代から現代へ』 宮 坂 靖 子 本書は、古代・中世・近世・近代・現代という五つの時代構成からなる、日本の家族史の概説書である。いま改めて、.

2: 日本古代家族史の研究: 関口裕子 著: 塙書房:. 家族と結婚の歴史 - 関口 裕子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 2 形態: viii, 326, 11p ; 22cm 著者名: 関口, 裕子 書誌ID: BBISBN:. 2: 民族・戦争と家族: 大日方純夫 編: 吉川弘文館:. 日本古代女性史の研究/関口 裕子(社会・時事・政治・行政) - 古代史における女性史研究の重要性を日本の歴史発展の解明と関連づけた著者の論考をまとめる。. 第33回(年度)女性史青山なを賞受賞 古代史における女性史研究の重要性を日本の歴史発展の解明と関連づけた著者が女性史研究の意義と課題、古代人の恋と性と家族、女性の地位について考察した論考を収. 日本古代婚姻史の研究 著者 関口裕子 著 出版年月日 1994 請求記号 UT51-96-R143 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)DOI 10. 日本古代女性史の研究 関口裕子 美品 vⅡ 商品詳細 ご覧頂ありがとうございます。 すれ・折れ・汚れなどあり ※使用感少なめ 読んで頂くには支障ありませんが、あくまでも中古品になりますので、ご理解の上入札をお願いいたします。.

書名: 日本古代女性史の研究: シリーズ: 著者: 関口 裕子 著 : 発行元: 塙書房: 出版年: /02: 判: a5: ページ: 348: 六一id: n70500. 歴史学研究 (別冊特集), p35-49, 1972-11. 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 日本古代婚姻史の研究, Volume 2 日本古代婚姻史の研究, 関口裕子: Author: 関口裕子: Publisher: 塙書房, 1993: Original from: the University of Michigan: Digitized: : Export Citation: BiBTeX EndNote RefMan. 日本古代婚姻史の研究 上下巻揃 ¥ 4,400 (送料:¥520~) 関口裕子 著 、塙書房 、1993年 、2冊 、22cm 、2冊. 第33回(年度)女性史青山なを賞受賞 古代史における女性史研究の重要性を日本の歴史発展の解明と関連づけた著者が女性史研究の意義と課題、古代人の恋と性と家族、女性の地位について考察した論考を収.

1 女性史研究の課題(歴史学における女性史研究の意義―日本古代史を中心に;日本古代女性史研究の現在と課題) 2 性愛・家族と女性(古代の家族と結婚の歴史;対偶婚の終焉と買売春の発生) 日本古代女性史の研究 - 関口裕子 3 社会の中の女性の地位(日本古代の家族形態と女性の地位;古代女性の地位と相続法;八. 古代人民のイデオロギ-闘争の諸段階 (1972年度歴史学研究会大会報告--歴史認識における人民闘争の視点) -- (古代史部会 日本古代における支配イデオロギ-と人民のたたかい) 関口 裕子. 東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。博士(文学)。 元清泉女子大学非常勤講師・在野研究者。 年逝去。 著書に 『 日本古代家族史の研究(上) 』 『日本古代婚姻史の研究(上・下)』『日本古代女性史の研究』など。. 日本古代婚姻史の研究, 第 2 巻 日本古代婚姻史の研究, 関口裕子: 著者: 関口裕子: 出版社: 塙書房, 1993: 書籍の提供元: ミシガン大学: デジタル化された日: 年5月23日 : 引用のエクスポート: BiBTeX EndNote RefMan.

21 &92;8,500 (税込&92;9,350) 1 女性史研究の課題(歴史学における女性史研究の意義―日本古代史を中心に. 5: 婚姻と家族・親族: 義江明子 編: 吉川弘文館:. 『家族と結婚の歴史』(関口裕子) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:変貌する「家族」の歴史と現在。日本人の性・愛・結婚と家族はどのような変遷をたどったのか。古代・中世から、さまざまな問題を抱える今日の多様な姿までを簡潔に説く「日本家族史」入門。. 日本古代女性史の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 関口裕子著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 塙書房,. 従来の古代家族史・女性史はもちろん、日本古代史をも大きく揺るがし、あるいは飛躍さ.

第1章「古代女官研究の意義と課題」 古代国家形成史研究の進展に比して,女性と政治の問題の解明が遅れ,とりわ け女官が検討対象にならなかったのは,家父長制成立を前提に考察が進められて きたからである。関口裕子氏によって古代国家成立時の家父. 関口裕子氏著『日本古代婚姻史の研究』上・下 / 西野悠紀子 / p38~44 (0021. 元清泉女子大学非常勤講師・在野研究者。 年逝去。 著書に『日本古代婚姻史の研究(上・下)』『日本古代家族史の研究(上・下)』など。 「年 『日本古代女性史の研究』 で使われていた紹介文から引用しています。. 11 形態: 289p ; 22cm 著者名: 関口, 裕子 書誌ID: BNISBN:X. jp2) 菅野則子氏著『村と改革 近世村落史・女性史研究』 / 長谷川伸三 / p45~51 (0024.

日本古代女性史の研究 - 関口裕子

email: ylugy@gmail.com - phone:(636) 827-5693 x 5195

ふたごの星 - 宮沢賢治 - 古野まほろ

-> 2002無敵の就職成功ガイド - Dai‐X総合研究所就職試験対策プロジェクト
-> 646オービットR

日本古代女性史の研究 - 関口裕子 - 中学入試のためのチャレンジデータ


Sitemap 1

ドロップド - ソノ - カメの文化誌 ピーター